アメックスのプラチナカードについて

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、一般的にアメックスグリーンカードと呼ばれているカードと、ゴールドカードのどちらかの会員のうち、インビテーションが送られてきた方のみが持つ事ができるカードです。

元々アメリカン・エキスプレスは旅行業をしていることから、旅行やエンターテイメントに強いカードと言われているだけあって、とても良いサービスを受ける事が出来ます。

まず、1番メインのサービスと言われているのが、さまざまな要望を出来るだけ叶えてくれる、コンシェルジュデスクのサービスがあります。24時間年中無休で受付してくれるので、仕事終わりなどでも利用ができるので他のサービスと比べると自由度はかなり高いと言えます。

さらに、国内の主要空港にある空港のラウンジや海外のラウンジを無料で利用する事も出来ます。こちらは、カードをお持ちの本人だけではなく、同伴者1人まで無料で利用が出来るので、ご夫婦や同僚となどさまざまなシーンで使用できるのもメリットと言えます。

その他さまざまなシーンで活躍するプラチナカード、インビテーションが届いた方は申し込みしてみてはいかがでしょうか?

 

カードを複数枚持ってお得度を高める

イオンカードには、いくつかの秘技があります。方法次第では、かなりお得に利用する事ができる訳です。

そもそもカードには、まずポイントに関するメリットがあります。そして人によっては、一度に多くのポイントを貯めたいと考えているのです。

ところがカード1枚だけでは、ハードルが高めになる事も多々あります。何回もカードを使う必要があるので、なかなか目標に達しない事もある訳です。

このため効率的にポイントを蓄えようと思っている方々は、しばしば複数枚のカードを保有しています。一枚だけのカードでは色々と限界を迎える事も多いのですが、あえて複数枚を持てば、かなり多くのポイントが貯まるからです。

人によっては、その秘技によって数倍以上のポイントが貯まっている事もあります。明らかにお得度が高まる訳ですから、複数枚を保有する方が良いのです。

もちろんそのためには、所定の審査などを受ける必要があります。カードに関わる情報などをよく確認した上で、複数保有すると良いでしょう。

 

外国人の方でも、クレジットカードが持てます!

クレジットカード、便利ですよね。最近ではインターネット経由でショッピングされる方も多いかと思いますが、そのような方にとっては必需品ですし、そうでない方でもポイント還元が目的でデパートやスーパー、コンビニエンスストアなどで提携のカードを使用される方も多いのではないでしょうか。

現代社会の中ではほぼ必需品といえそうですね。ところで、最近は日本に在住されている外国人の方もふえてきましたね。外国人のかたは、クレジットカードを持てるのでしょうか。答えはイエスです!日本国籍以外の方でも、外国人向けクレジットカードとして日本のカードを持つことができます。

利用可能なカード会社はいくつかありますが、たいていは外国人登録証明書などの現住所がわかるものがあれば審査をうけることができるようです。留学生の方は、学生特典つきのカードもありますのでそのような場合には学生証も必要です。

カードの種類はいくつかありますが、大手がやはり安心ですね。たとえばヤフージャパンのJCBカードがあります。年会費無料で、収入に関する証明書も不要なのが魅力的です。

また、三井住友デビュープラスもおすすめです。こちらは18歳から25歳までの方限定のカードで、学生の方や新社会人の方にオススメです。

 

支出管理をして交換上限金額を確認

セゾンカードのメリットは、ポイント交換です。人によっては、西友などのお店で頻度多く買い物をしています。それでポイントが蓄積された場合、所定の品物と交換する事もある訳です。

ところで効率的に交換する為には、支出管理が求められます。事前に完了しておかないと、いざという時にポイント交換ができません。例えば自分では、カードに蓄積されているポイントが1,000だと思っていたとします。それでお店にて、ポイント交換の手続きをする訳です。

ところが交換上限金額によって、それが難しくなる事があります。実は交換できるポイントは500程度なので、自分が求めている商品を入手できない事もあるのです。

それを防止する為には、やはり支出管理が必須です。それを徹底しておくだけで、上記のようなミスは極力減らす事ができます。

ちなみに現在蓄積されているポイントなどは、最近ではネットでも簡単に確認可能です。いざという時にスムーズに交換できるよう、きちんと管理しておくのが望ましいでしょう。

 

信用情報機関で確認できる項目と代理人

信用情報機関では、色々な情報を確認する事ができます。例えば現在の返済状況に関する情報です。滞納などはどのような記録になっているかも、全て確認できる訳です。ブラック属性になっているか否かのヒントも、確認できます。

しかしその情報機関では難しいものもあります。例えば次回返済日です。それはあくまでも金融会社が決めている内容なので、問い合わせ先は情報機関では無く金融業者になります。ですので金融会社の信用事業部などに対して、問い合わせをする必要があるのです。

それと法定代理人です。登録されている情報を確認できるのは、あくまでもお金を借りている本人になります。家族などは確認できませんので、注意が必要です。

なお信用情報機関では、照会された日付なども全て記録をするようにしています。したがって窓口に訪問をした日などの照会日時も、情報は記録される事になるのです。基本的に金融関連の手続きに関する情報は、たいていは記録されると考えて良いでしょう。